ようこそBHBR Total Detoxへ

あなたは本物の健康美容をご存知でしょうか。

心も体も魂も、すべてが満足の行く状態。
それが本物の健康であり、美しさです。

いつまでも若く、美しくい続けたい。
いつまでも夢を追いかけ輝き続けたい。

そんなあなたの願いを応援いたします。

BODY 〜からだ〜

*こんなお悩みはありませんか?

・疲れが取れない
・花粉症やアレルギーがひどい
・肩こり、冷え性、腰痛がひどい
・太りやすい、痩せづらい
・便秘がち
・肌荒れ、アトピーを改善したい
・これから子供をつくりたい
・仕事のパフォーマンスを上げたい


なんだか疲れやすい。肩こりが辛い。便秘がち。

それらの不調はすべて体に不要なものが溜まった証拠です。

この数十年で生活が便利で豊かになる一方で、人工の化学物質が増加し、多くの人の生活習慣は悪化しました。

その結果、体に不要なものが溜まり、体の外に出しづらくなりました。

だからこそ、全身から不要なものを取り除くことで、本来の元氣いっぱいの体に戻ることができるのです。

多くの人は、健康のために良い栄養を摂ることを考えます。

しかし、良い栄養を吸収し、全身に循環させることができて初めて、真の健康は保たれます。

血管血液・全身の臓器のデトックスと、腸内細菌の育成がすべての鍵を握っています。

シャワーで体の外を洗い流すように、体の中も大掃除しませんか?

HEART 〜こころ〜

*こんなお悩みはありませんか?

・自分のことを好きになれない
・自分に自信がない
・人間関係がうまく行っていない
・ネガティブな思考をやめられない
・不安や恐怖にとらわれがち
・幸せや喜びを感じたい

さらに・・・

・今の人生に満足できていない
・夢や目標を持てない
・人生を変えたい
・新しい何かに挑戦できない
・やりたいことはあるけど一歩が踏み出せない

こんなことはありませんか?


人は感情の生き物です。

喜怒哀楽、すべての感情は人にとって大切な感情です。

しかし、生きる中でその感情を押し殺してしまい、感情が心の奥底に溜まってしまうことがあります。

その感情を感じきること。

それは、時として必要なことなのです。

現代の多くの人は、何かができるからすごい、と褒められて育ちました。
そして、泣くことはよくないこと、という社会的な圧力があります。

その結果、感情を置き去りにして、仕事や勉強などを頑張るようになっていくのです。

もし、あなたが最近幸せを感じられていないのだとしたら、ネガティブな感情に蓋をしていませんか?

ネガティブな感情は悪いものではありません。

一緒に蓋をしている感情を出し、子供の頃のようにあなた本来の幸せを感じませんか?

そして、ご自身の感情をコントロールできるようになることで、望むものを引き寄せることができるのです。

BRAIN 〜おもい〜

*こんなお悩みはありませんか?

・自分のことを好きになれない
・自分に自信がない
・人間関係がうまく行っていない
・ネガティブな思考をやめられない
・不安や恐怖にとらわれがち
・幸せや喜びを感じたい

さらに・・・

・今の人生に満足できていない
・夢や目標を持てない
・人生を変えたい
・新しい何かに挑戦できない
・やりたいことはあるけど一歩が踏み出せない

こんなことはありませんか?


「人生の99%は思い込みでできている。」

そんな言葉を聴いたことはありますか?

もし、あなたが人生を思うように生きられていないとしたら、あなたに不要な思い込みがあるからです。

「思い込み」「信念」「想念」「パラダイム」

人は潜在意識に隠された「おもい」をいろんな呼び方で呼びますが、すべて家族(特に両親)との関係性や育った環境、生きている社会の常識によって形成されたものです。

その思い込みの中で不要な思い込みを捨て、あなた本来の人生を生きませんか?

もしかしたら、あなたはまだご両親の人生を生きているかもしれないのですから。

ROOM 〜へや〜

*こんなお悩みはありませんか?

・片付けが苦手
・モノが多すぎて困っている
・モノが捨てられない
・部屋が雑然としている
・運氣を上げたい


あなたの部屋は綺麗ですか?

部屋を綺麗に保つことは、人生の流れをスムーズにするためにも非常に大切なことです。

掃除をすることはもちろん、必要以上にものを溜め込まないこと。

高度経済成長によって、今までの世の中は物質的な豊かさを追求してきました。

その結果、本来の自分には実は必要のないものまで捨てられなくなってしまったのです。

あなたは自分が本当に好きなものがわかりますか?

本当は必要ないのに溜め込んでしまっているものはありませんか?

もし溜め込んでしまっているとしたら、ダイヤモンドを掘るように
必要のないものを一緒に捨てませんか?